mamakokoro

ココロなるままシンプルライフ

妊婦さんだからといって抱き枕は買う必要なかった、という話

こんにちは!

1人目妊娠の時に、妊娠・出産・子育てグッズを買いまくってしまい、その結果産後うつになりかけた私。

================
不安・楽したい
  ↓
雑誌や口コミをみてグッズ買う
  ↓
使わないもの・役に立たないものがほとんど
  ↓
お金なくなる&不要なものが増える
  ↓
イライラ+子育ての大変さ
  ↓
産後うつ
================

という負のスパイラルを経験しました。

みなさんも気を付けてください…マタニティ市場、子育て市場はどんどん拡大中です。

メーカーはあの手この手で買わせようとするので、本当に必要なもの、そうでないものを見極めることが大事になってきます。

上のような私が経験した負のスパイラルに陥らないためにも・・・



このサイトでは、そんな負のスパイラルを経験した私が、「これ必要なかった!」というアイテムをご紹介しています。

これから妊娠・出産を迎える方の参考になればうれしいです。

妊婦さんには抱き枕が必要?

お腹が大きくなってくると、何が大変かって

上を向いて眠れない

ということでした。

それが

4~6か月ほど続くという地獄


そこで、横向きで寝ることになるのですが、、、
「その時必要なのが抱き枕!」という感じで、雑誌なんかでは紹介されています。



ニトリの抱き枕▼
ヌードクッション 1,690円(税別)


カバーは本体と同価格の1,690円(税別)



▼安いタイプもありますが… 2,760円(税別)▼


しかも最近は

抱き枕と授乳枕が合体したタイプも売っていていかにもお得な感じが・・・


(ここで私は買ってしまいました。でも、結果はこんな感じ↓)

私が感じた、抱き枕を買って「損した」と思ったこと

妊娠中、抱き枕はあれば使う。

でしたが、こんなデメリットが。

  • あれば使うけど使う期間が妊娠中期~後期と短い
  • 抱き枕を使って、上布団をかけるのが妊婦さんにはちょっと大変だった
  • 授乳用としては高さが合わず使わなかった
  • 意外と高い!
  • でかい!リビングやベッドで存在感大です。


これでも「抱き枕は高い!」と思ってしまうのには次の理由がありました。

クッションで代用できた。

妊婦時代の寝るときも、授乳の時も、

抱き枕ではなくクッションで代用できました。

しかもクッションは高さを微調整できたので、授乳時にはクッション複数使いの方がだいぶ楽でした。
(授乳用クッションは使いづらいし肩が凝る)


さらに、クッションなら子供の授乳が終わってもそのままリビングやベッドで使えるんです。

我が家は、無印良品のクッション2つを使っていましたが、2人目の時2つ買い足しました。

妊娠中、寝るときに足の方に1つと腕のあたりに1つ。

産後の授乳の時は、赤ちゃんの頭があるほうの腕の下に2つほど使っていました。

ポイントはクッションの複数使いです。


ニトリはうれしい498円▼


▼四角の形じゃなくても、クッションであればOK▼


さいごに

いかがでしたか?

妊娠したからといって、買わなくてもいいものはまだまだあります。

節約だけじゃなく、すっきり暮らすためにも。

子育てにお金を使いすぎないことが、結果、楽で楽しい育児につながると思っています。


是非参考にしてみてください^^