mamakokoro

ココロなるままシンプルライフ

妊娠したからと言って買わなくていいものはたくさんあった話

f:id:asdf0202:20170518170706j:plain

ひとりめを妊娠したときのことです。

何を買えばいいのかわからない。

「はじめて」ということもあって
マタニティウェアや出産準備、子育てグッズなど、何を買えばいいのかわからなかった私。

そこで、、、
雑誌や病院でもらうパパママクラスの「必ず準備するもの」を買ったり、「便利でした!」と書かれているものを買ったりしましたが、、、本当は必要じゃなかったり、便利じゃなかったり。
結局、本当に買ってよかったものはそんなに多くないということに気が付きました。

気が付いた時には、

  • いらないものが増えて掃除が増え、片付かないことでイライラ。。
  • 無駄なものを買ってしまったことで自由に使えるお金が無くなっていき、不安な気持ちも。

プラス、子育て疲れから
産後うつ寸前状態になってしまいました。。。


妊娠したからと言って、流されてモノを買ってしまうと、お金がなくなるだけじゃなく子育て自体に悪影響がでてきてしまう事態に。こんな経験をもとに得た教訓は大きかったです。

無駄なものを買わないためには

①雑誌、病院からもらう冊子はうのみにしない

雑誌はメーカーの販売戦略で、「なんか必要そう」「子育てが楽になりそう」と思わせて買わせるためのものと思っておいたほうが〇

病院からもらう冊子に書いてある「入院までに準備するもの」の中にも、必ず必要でなかったものもありました。

②必要になってから買う

例えば、おむつふきをあったかくしてくれる「おしりふきウォーマー」。
冬生まれだから必要!と思って買っても、実際は室温が温かいのでいらなかったり。

本当に必要!となっても、今は、近くのお店も夜遅くあいていたり、amazonプライムで翌日に届けてもらったりということもできるので、ぎりぎりまで待っても大丈夫でした。

③代用できないか考える

マタニティ用品、子育て用品として作られてるものでなくても代用できることは多いです。

例えば、「おむつ処理ポッド」
においを密閉してくれるから便利!と思っていても、実際に購入するとカートリッジなどが必要になり、数万円の出費に。

  • ペダル式のゴミ箱
  • 小さなビニール

があれば、においも抑えられてしかもコスパも〇

コスパを考えてから

「おむつ処理ポッド」がいい例ですが、カートリッジなどが必要なグッズは、合計でかなりの出費になることもあるので要注意です。


実際に買わなくてもよかったと思ったマタニティグッズはこちら

  • 母子手帳ケース
  • マタニティウェア
  • 抱き枕&授乳枕
  • 授乳ケープ
  • マザーズバッグ

実際に買わなくてもよかったと思ったベビーグッズはこちら

  • ベビーレギンス
  • ベビーベッド(寝具一式)
  • おむつポーチ
  • 抱っこひも
  • ベビーバウンサー

ふたりめの時はどうだったか

ひとりめの、「ムダ買い」を教訓にした私は、
ふたりめのときに、必要なものだけを買うを徹底したことで

  • 家がすっきり片付いた
  • 掃除・片付けの手間が少なくなった
  • お金が抑えられた分、本当に必要な時にお金を使うことができた。
  • 子どもが便利グッズなしでも大丈夫になった。(たくましくなった!)

いいことだらけでした。
もちろん産後うつとは程遠く、子育て自体を楽しめるように。

さいごに

子育てはお金がかかるといいますが、かければきりがないくらいいろんなグッズが出ています。
自分にとって必要なものを見極めることが、子育て自体にもいい影響を与えてくれそうです!