シンプルライフとコーヒー生活

シンプルライフ、子育て、コーヒーについて

イッタラティーマを生活に取り入れて変化したこと

f:id:asdf0202:20170402225549j:plain

先日、はじめてイッタラの食器を買いました。

ティーマの300mlマグ2つです。

 

色は、ホワイトとセラドングリーン。

 

ホワイトを2つ買う予定だったけど、セラドングリーンが2016年12月で廃盤になってしまうとのことで、少し高かったですがホワイトとセラドングリーンを購入しました。

 

ティーマのマグを買うまでの私

ティーマのマグを使い始めて1週間。

改めて、これまで私がいかにマグを侮っていたということを思い知らせれています。

 

そもそもマグとは言わず「コップ」と言ってしまっていたのだけれど。

 

家にあるコップは、家族4人に対し6つほど。

お土産で買ったものや、キャラクターもの、おまけでもらったものなど。

形や色が違う、食器棚に置いてあるものを使っていました。

嫌いなデザインではないけど、すごく気に入っているものでもない・・・

そんなコップたちでした。

 

コップは食器の中でも一番使用頻度が高い食器なんですよね。

しかも、お皿と違って触接口に触れるもの。

 

もっと、「いいもの」に変えたい。と思いました。

 

買ってから、こんな変化がありました

マグを選ぶ迷い(ストレス)がなくなった

以前使っていたコップたちは、思い切って断捨離。

コップはティーマだけにしました。

 

ティーマのマグを並べると、大きさ・高さが同じなのと、色が落ち着いているので食器棚がすっきり

 

どんな飲み物にも使えるデザインなので、飲む時にマグを選ぶ「迷い」も解消されました。

 

ティーマを使う以前の私は知らず知らずのうちに「迷い」があったのだな~と改めて感じました。

 

お茶を飲むのが楽しくなった

いつもは、「のどが渇いたから」でがーっと飲んでしまっていたのが、お茶を飲むこと自体が楽しいと感じるようになりました。

 

ティーマはシンプルに見えて、デザインがお洒落。もちろん使いやすさも。

 

朝起きて、コーヒーを飲む、

家に帰ってお茶で一息つく。

 

いずれも、心を落ち着かせる大事な時間。

好きなマグを使うことで大事な時間をもっと濃くできるんだなと感じさせてくれるマグでした。

 

さいごに

ティーマのマグのサイズは250ml、300ml、400mlがあります。

サイズを見てもピンと来なかったので、私は実際に店舗に見に行きました(百貨店の食器売り場)

 

個人的な印象は、250mlはこぶり、300mlはよく見るサイズ、400mlは海外サイズ。

 

購入したのは300mlで、大きくもなく小さくもなくちょうどいい日本サイズ?でした。

 

カラーはいろいろあるのですが、どのカラーをかっても、単色でもなんでも合うのがティーマのいいところですね!

次回はグレーが欲しいと思ってます。